一人暮らしのプロバイダー

引越しと部屋探しのポイント

住みよい部屋にするために

自分のことを自分でするコツ

お金の管理はしっかりと

ライフラインの簡単節約術

食費を抑えてお料理上手

ひとり暮らしの防犯の知恵

まさかの災害に備える

地震が来たら…!

日本に住んでいる以上、
大きな地震は、いつ来てもおかしくありません。

アパートなどで、ひとり暮らしのときに
大きな地震が来ると、間違いなくパニックになるでしょうから
日ごろからどう動いたらいいのかは
しっかり確認して、覚えて置いてくださいね。

1)まずは、身の安全を確保する
どかんと大ききな揺れが来たら、
丈夫な机やイスの下にもぐるなどして、頭の安全を確保します。
慌てて動くと、家具の下敷きになったり、
ガラスで怪我をする恐れもあります、
外に飛び出して、看板や瓦に当たる可能性もあるので、
揺れが収まるのを待ちましょう。

2)家にいるなら火の始末
揺れが収まったら、スグに火を消します。
火災という大きな二次災害を招くので、元栓から切ってします。

3)避難経路を確保する
揺れが収まっている間に、ドアなどを開ける、窓を開けるなどして
避難経路を確保しておきましょう。
回りに倒れやすい家具などないか確認して、
身の安全も確保してください。

外にいる場合は、その時の状況で行動パターンは変わりますが、
とにかく慌ててパニックになることだけは避けたいものです。
壊れそうなもの、倒れそうなものからは距離をとり
その場の係員に従って、冷静に行動してくださいね。

固定スプレッド


非常用品は準備しておく