一人暮らしのプロバイダー

引越しと部屋探しのポイント

住みよい部屋にするために

自分のことを自分でするコツ

お金の管理はしっかりと

ライフラインの簡単節約術

食費を抑えてお料理上手

ひとり暮らしの防犯の知恵

まさかの災害に備える

セールスは断固断る!

ある日「ぴんぽーん」とチャイムが鳴って
(ちょっと表現が古いかしら…(^^;;)
人のよさそうな作業員風男の人がニコヤカに立っていました。

「水道局の物ですけども、浄水器の取り付けに参りました。
 事前に水質調査をして、設置が必要かどうか点検に来たので
 少しお時間いただけますでしょうか?(^^)」

「はーい!」と、アナタはここでホイホイとドアを開けて…

…は、いけませんよ!!!!(=_=;;

こんなの騙される常套手段ですっ。
どこの水道局といつこんな約束をしたのやら。(^^;;
浄水器と水道局なんて関係ないですよ。

残念なことですが、実はひとり暮らしをしていると、
こんな押し売りセールスがたくさんやってきます。
何も知らないひとり暮らし一年生は、格好のカモですから。

点検業者と名乗る人には、本物と偽者がいるので、
来たらまずは疑ってかかることです。
不審なことはどんどん突っ込んで質問してハッキリと断る、
もじもじしないで、付け入るスキを与えてはいけませんよ。

新聞の勧誘はあくまで勧誘ですけど、
断りにくい勧誘をしてくることもあるので、
新聞を何社も取っている人もいますよね。

ちなみに…私はご祈祷サギにかかったことあります。(笑)
神主さんの格好をした人が2人来て、
玄関先で「いつもの祈祷です」といって突然祈祷を始めて、
終わったら「みなさんにご祈祷料をいただいてます」というから
「みなさんいくらぐらいで?」と聞いたら「500円から…」と。
仕方なく500円渡したら帰っていきいましたけど、
後から聞いたら、どうも偽者だったようで。(^^;;
結局、高額を渡さなくてよかったんですが
私からは500円しかとれず、…くたびれもうけですね。

こういうバリエーションもありますから、気をつけましょう。


女性を狙った犯罪が急増中