一人暮らしのプロバイダー

引越しと部屋探しのポイント

住みよい部屋にするために

自分のことを自分でするコツ

お金の管理はしっかりと

ライフラインの簡単節約術

食費を抑えてお料理上手

ひとり暮らしの防犯の知恵

まさかの災害に備える

泥棒の下見を逆に利用しよう

空き巣や泥棒、乱暴目的の侵入など、
住人の部屋を狙う犯罪の場合、必ず犯人は下見をします。
行き当たりばったりなんて
成功確立の低いことをわざわざしませんよね。

この下見ですが、何を下見しているのか知っておけば、
合格しないように気をつければ良いわけです。
ですから、泥棒がどんなことをチェックして、
侵入するかしないか決めているのか
しっかり覚えておきましょう。

【留守の確認】
・新聞紙、郵便受けの状態
・チャイムを鳴らして出てくるかどうか
・水道メーター、電気メーターの状態
・生活音、夜の照明の状態
・人の出入り状況、時間

【住人の情報】
・手紙、不在票などの確認
・表札から住人を読み取る
・104で住所から電話番号を聞き出す
・洗濯物の数、量、種類で、住人の性別や年齢を割り出す

【侵入経路】
・防犯グッズ、防犯意識をチェック
・鍵の種類、合鍵の場所、窓の位置をチェック
・周辺道路や周囲からの見通し

こんなことをチェックすれば、ひとり暮らしかどうかや、
性別、外出する時間、防犯意識など大体解りますよね。
その上で成功率の高そうな部屋を狙ってきますから、
防犯意識を高く持って、生活するように心がけましょう。


ズバリ侵入経路は鍵!