一人暮らしのプロバイダー

引越しと部屋探しのポイント

住みよい部屋にするために

自分のことを自分でするコツ

お金の管理はしっかりと

ライフラインの簡単節約術

食費を抑えてお料理上手

ひとり暮らしの防犯の知恵

まさかの災害に備える

部屋を広く見せるには?

狭い狭い自分の部屋を出来るだけ広く見せたい場合は、
荷物を置く前から色々作戦を練っておく必要があります。

というのは、広く見せたいという心構えだけでなく
色や家具の高さ、形などで部屋の大きさが大きく変わってきます。
物理的にも、視覚的にも大きく差が出てきますよ。

まず、家具については、できるだけテイスト・色を統一して、
高さも同じようなものを選びましょう。
色は多くとも2色ぐらいまでにして、
高さは出来るだけ低いものが、ベター。
これは、天井との空間を開放的に見せることができますよ。

このほかにも、ごちゃごちゃした小物は隠してしまいましょう。
キッチンの小物や調味料、ごちゃごちゃした雑貨や小物は
箱などにひとつにまとめたり、カーテンをつけたりして
出来るだけ見えないようにします。
可動式の引き戸や仕切りがあれば、外してしまうことで
部屋をひろく見せる&使うことができます。

取っ手などの凹凸は部屋を狭く感じさせてしまいますし、
あまり使わないもの出しっぱなしにしないなど

…耳が痛いことばかりですけど(^^;;

ちょっとした心がけで部屋をひろく見せることは可能ですよ。


部屋には要るものだけを置く