一人暮らしのプロバイダー

引越しと部屋探しのポイント

住みよい部屋にするために

自分のことを自分でするコツ

お金の管理はしっかりと

ライフラインの簡単節約術

食費を抑えてお料理上手

ひとり暮らしの防犯の知恵

まさかの災害に備える

鍵の管理は慎重に

賃貸契約を交わすと、鍵譲渡日とが決められ、
その日に待ちに待った部屋の鍵が管理会社から手渡されます。
その日に入居をすぐにしなくてはいけないというわけではなく、
家賃が発生して、部屋に入ることができるようになる日です。

おまちかね!ですよね。

管理会社から渡される鍵は基本的に2本。
最近ではカードキーである場合もあるでしょうが、
このキーをマスターキーと呼びます。

このマスターキーはスペアキーとは全く重みが違うもので、
退去時に必ず返却が必要です。
スペアキーを返してもそれは許されません。
マスターキーをなくすとどうなるかといえば、
ドアの鍵の取り替えが必要となり、
鍵代だけでびっくりするほどの費用が取られるんですね。

ですから、マスターキーはスペアキーを作ったら
賃貸契約に関する書類などと一緒にしまっておくのが無難です。

万一、マスターでもスペアでも鍵をなくしたら、
早めに管理会社に相談しましょう。
あけてもらうことももちろんですが、防犯上の理由もあるからで、
なくしたままでいると、万一鍵を使って進入されることも
考えられなくもないからです。


退居を備えて生活する